0605-2.jpg

2017.08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.10

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



←左上にある記事の目次もぜひ見てください♪ 


人気ブログランキングへ
ワンクリックお願いします♪


ペットブログランキングへ
ニャンクリック!お願いします♪


FC2 Blog Ranking
こちらもポチっとお願いします♪

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

哲学する赤ちゃん

2006.03.21(09:04)
親から教えてもらったことの一つに
「縁はめぐりめぐって自分にかえる」というのがある。
人によいことをすればよいことがかえり、その反対はもちろんそうなる。

自分自身に返ることがなくても、自分の子どもや自分の孫、自分の周りの人間に返ってくるということなのだ。

私は私自身の家族と決して仲がいいわけではない。そんなに遠くない実家にさえ、1年に1度帰ることはない。色々な複雑な心境、複雑な家庭事情、色々なわだかまり。

そんな中でこの「縁はめぐりめぐって自分にかえる」というのは、自分自身の青く固い若かりし頃の経験でも十分にわかっていることなのだ。

よく子どもたちにも話をする。自分から悪口を言わない。人を傷つけない。女の子同士によくある、いやらしい悪口筒抜け合戦に参戦しない。
自分に全て返ってくるのだ。
お友達が別のお友達を「あのコって、あ~でさー、こうでさー、私嫌いなのよねー」と言ってくる。
そこでひょいひょいと「うんうん、そうでさー、あーでさー」とお調子のって一緒になって言う。
悪口を言いはじめる人間は、ほとんどと言っていいほど、悪口の対象にした人間に「あのコがこう言ってたよ」と伝言ゲームならぬ、悪口筒抜け合戦に巨大化してくのだ。大人の世界でもよくあることだ。いや、大人なのに、何故?!よくあるのか・・・。正直その手に乗っかってしまったこともある。そしてたいしたことはないのだが、他人を悪く言ってしまった自分が情けなく、自責の念にかられるのが大変苦しい。

よく話題にしていたころ、姫が「哲学する赤ちゃん」という本を借りてきた。そこで面白い一文を見つけた。

何故地球は丸いのか。
それは人と人が仲良く手をつないでいるからなのだ。
隣の人に親切にすれば、手をつないだ隣の人が、その隣の人へ親切にする。一周すれば、それは自分の手に戻ってくる。
隣の人に意地悪をすれば、一周して自分は意地悪をされる。


諭してくれるこの本は大好きだ。

勿論、何もかも全てにおいて、人に親切にできるものではない。自分の感情の葛藤もある。鍛えられたこのお口が攻撃態勢に入ってしまうこともある。普段は何も言わないが、これ以上は・・・という時は何も言わない分、攻撃態勢モードスイッチオン!になると冷淡に冷ややかに観察してきた相手のウィークポイントをグサリグサリ!とさすことになる。
そして、人を傷つけてしまった(一応、いい訳だが、喧嘩を売ってきたのは相手なのだ)ことに、また後悔するのだ。

自分の我侭な感情を、個人としての感情をコントロールできなくてはならないのではないか。意見と文句は紙一重。
言い方も内容も考えなければ正当な意見とはならず。
相手を「説得」することは不可能なのだ。相手を自分の思い通りにしようだなんて、そんな上手くいく訳はない。

人と人が譲り合い、仲良く接していくには日々の精進が必要なのだ。
そして、それは人の人生十人百色。私のような人間には容易なものではないが、日々精進だ。

スポンサーサイト



←左上にある記事の目次もぜひ見てください♪ 


人気ブログランキングへ
ワンクリックお願いします♪


ペットブログランキングへ
ニャンクリック!お願いします♪


FC2 Blog Ranking
こちらもポチっとお願いします♪

テーマ:小学生の子育て♪ ジャンル:育児

子どもの本との出会い・・・

2006.05.29(15:06)
赤ちゃんのうちから本に触れる・・・。とてもよいことらしいです。
私と子供用の本との出会いをちょっとお話してもいいですか?

長男が産まれて半年ほどたったある日・・・。

ピンポ~ン!と呼び出しがありました。そそくさと長男を抱っこして玄関へ向かう私。

そこに立っていたのは、おばさんです。ビジネスバッグをもったおばさんが立っていました。「あ~、セールスの人だな~~」とわかったのですが、その人はとある出版会社の人でした。結論から言えば訪問販売です。でも私も営業をやっていた身、必要でない時はきっぱり断れるので玄関先で話を聞いていました。

そのうちに長男はおしっこをしたのか、ぐずり始めます。なんだか楽しい話だったし、その当時は自慢の息子。褒められれば嫌な気持ちはしないし、家へあがってもらいました。

その人は本の大切さを熱く語ります。もうかれこれ10年くらい前の話なので心に残ったことしか覚えていません。

長い時間お喋りをしている最中にこんなことを言っていました。

その当時はうちにはミッフィーちゃんなどの赤ちゃんの絵本しか置いてありませんでした。

子どもに本を与える時は、汚くしていい本と、大事にする本をお母さんが区分けして読んであげるんだそうです。まだそんな赤ちゃんはよくしゃぶしゃぶしちゃうじゃないですか。だからそれでもいい本はおひざに抱っこしながらしゃぶしゃぶしちゃってもいい。

でも、大事にする本は(逆説的かな、本を大事にすることを教えるには・・・、かな)勿論おひざで読んであげてもいいけれど、手を出してきた時には本を赤ちゃんから離すそうです。赤ちゃんとお母さんと対面で、開いた本を赤ちゃんに向けながら読んであげる。手を出してきたら「これは大事な本だから汚してはいけないんだよ・・」と声をかけてあげる。

対面で読んであげることによって集中するらしいです。そして読み聞かせは人の話をよく聞ける子になり、落ち着いた子どもになり、いずれ、自分から本を持ってきて読んでくれとせがむようになります、・・ってことだったと思います。

それから赤ちゃんだからといって、赤ちゃんの本ばかりをあたえないでもっといい本を読んであげましょう、との話(うんうん、営業ですもんね、クロージングに結びつくトークは必要ですね)。

私も子どもの頃はももちゃんシリーズが大好きだったこともあり、その方のお話は十分に納得。長男の未来を夢見て・・(笑)、そうして「いい本」を購入しました。子ども用の本との最初の出会いでした。

そのうちアップしていきますが、長男も長女もその中のあるシリーズは今でも時折本を開いています。長男はあんなに本を読んであげていたのに国語が苦手であまり本を読もうとしません。長女は女の子だからでしょうか、本は好きで(がつくほどでは・・・)お友達からいただいた「わかったさん」や「魔女子」シリーズをよく読んでいます。もう少し活字を読んでくれないかな~とは思いますが、長男に関して言えば、その人の言ったとおりに人の話をよく聞ける子どもでした。

今では・・・ま、小学生最初の反抗期?でもある3年生を過ぎてすこし落ち着きましたが・・・。

あ、長男は小学4年生、長女は小学3年生です。

今でも可愛い子どもたちですが、赤ちゃんの頃から買い集めた絵本たち・・・。絵本のどんなところに子どもたちは釘付けになったんでしょうか、不定期アップの図書の部屋、少しずつ更新していきます。



2007.1月
絵本のレビューのはずが・・・。絵本がなくなってしまいました。
事情はこちらに記載してあります(;_;)。
思い出しながらふつふつと書いてまいりますが、新しく読んだ本が中心になりますです。



←左上にある記事の目次もぜひ見てください♪ 


人気ブログランキングへ
ワンクリックお願いします♪


ペットブログランキングへ
ニャンクリック!お願いします♪


FC2 Blog Ranking
こちらもポチっとお願いします♪

テーマ:絵本 ジャンル:育児

あかちゃんのあそびえほん きむらゆういち

2006.05.29(20:28)
偕成社 あかちゃんのあそびえほん シリーズ1巻~8巻 作 木村裕一


① ごあいさつ あそび    ⑤ うごくにんぎょう あそび
② いないいなばぁ あそび  ⑥ いいおへんじできるかな
③ いただきます あそび   ⑦ いいこでねんねできるかな
④ ひとりでうんちできるかな ⑧ シャンプーだいすき



あかちゃん大好きしかけ絵本です。色々な動物が出てきて赤ちゃんにも小さい子どもにもごあいさつや、お返事を教えてくれます。

子どもたちが一番はまったのが、『④ ひとりでうんちできるかな』ですが、この中でかいじゅうさんがうんちをします。そのうんちが大きいこと!少し大きくなってからもよく開いて二人で大笑いをしていました。こどもたちは何度も何度もページを開いて、閉めて、また開いて・・・と随分楽しんでいましたっけ。

家庭で教える基本的なことを子どもが絵本の中のキャラクターと一緒に覚えていけます。




←左上にある記事の目次もぜひ見てください♪ 


人気ブログランキングへ
ワンクリックお願いします♪


ペットブログランキングへ
ニャンクリック!お願いします♪


FC2 Blog Ranking
こちらもポチっとお願いします♪

テーマ:絵本 ジャンル:育児

きつねのこの なんにんいるかな  つちだよしはる

2006.05.30(22:26)
あかね書房 きつねのこのシリーズ 作つちだよしはる



我が家にあるのは『きつねのこの』シリーズ

なんにんいるかな
いろんないろいっぱい
みんなにこんにちは の3冊があります。

どれもソフトタッチの優しい色合い、優しいイラストで私も子どもも大ファンでした。長男出産のお祝いに頂いたもので、かれこれ今年で10年の付き合いになります。
勿論、今では開くこともない本ですが、長男も長女もよく持ってきてよく読んであげた中の一冊です。

なんにんいるかな数を数える本です。作者の大好きなきつねくんが散歩の途中でしょうか、雨に降られました。丁度雨宿りになりそうな木の下へ逃げ込みます。
そうして、お友達なのか、うさぎさんが入ってきます。これで数は「2」。どんどん仲間が増えて全員で10人のお友達が雨宿りをします。
その後がとても好きです。ざんざん雨の中、10人は10にんなりにその時間を潰すのですが、楽しくお話している子もいれば、ちょっと居眠りしてしまう子もいる。そうして雨がやんで皆それぞれに別れるのですが、この本には数字以外の文字は書かれていません。

なので子どもの想像力やお母さんの想像力で色々な台詞が考え出されます。
「みんななんてお話してるのかな~?」とか色々と。
初めて読んであげたときは赤ちゃんでしたので、返事は返ってこなかったりしますが、とても楽しい時間です。

お喋りができるようになってくると自分たちから様子を話してくれたりするようになったり・・・。

いろんないろいっぱい
こちらも色の名前以外の文字は書かれていません。
その色のもつイメージで色を紹介されていますが、例えば"しろ"だったら雪の中を雪ダルマをつくっているきつねくんとくまくん。
ほかにももいろ、きいろなど子どもでもすぐ結びつくような代表的な色の素材のイラストを使っています。
色の紹介はメインとなる色を存分に使って、他のイラストは邪魔にならない色を使用しています。なのでとても端的でわかりやすく、最後のページにはそんな沢山の色を使って書かれた「いろんないろ いっぱい」としめくくってあり、今まで単色だった色のページが沢山の色が集まるとこんな素敵な景色になるんだ・・・っとぱっと明るくなるような、はっとするようなそんなページで締めくくってあります。

個人的にはこの「いろんないろ いっぱい」が一番好きですね・・・。


みんなにこんにちは
主人公のきつねくんがお友達の待っているところへ向かっているようです。
その場所に着くまでに色々な動物や生き物に出会います。出会う人出会う人にきつねくんは「~さん、こんにちは」とご挨拶をします。
この本もそんな台詞しか書いていません。上記2冊と同様にいくらでも想像力を働かせて子どもと一緒に会話しながら楽しめました。
あいさつって気持ちいいね、と本を通して理解できるのではないでしょうか。
いろいろな動物さんたちに挨拶をしながらゴールにたどり着きます。
くまくんとうさぎちゃんが待っています。「くまくん うさぎちゃん こんにちは」既に待っていた2匹は「あ、きつねちゃん」と会話をして、かご一杯に詰まった木の実をきつねくんに見せてあげています。

字が読めなくてもそのページを開ければ私の言っていた台詞を真似をするようになり、とても楽しい絵本です。






←左上にある記事の目次もぜひ見てください♪ 


人気ブログランキングへ
ワンクリックお願いします♪


ペットブログランキングへ
ニャンクリック!お願いします♪


FC2 Blog Ranking
こちらもポチっとお願いします♪

テーマ:絵本 ジャンル:育児

科学ブック 世界文化社

2006.06.10(21:33)
うちが初めて手にした子ども用の本です。
もううちと同じものは廃盤のようです、残念。
1.やせいのどうぶつ
2.みぢかなどうぶつ
3.むしの くらし
4.とりの くらし
5.いけやかわのいきもの
6.うみの いきもの
7.はな と たね
8.やさいとくだもの
9.りくの のりもの
10.そらとうみののりもの
11.おおむかしのせかい
12.ちきゅうとたいよう
13.やまとかわ
14.はる なつ あき ふゆ
15.じょうぶな からだ
16.かがくあそび 1
17.かがくあそび 2
18.ふしぎだな 1
19.ふしぎだな 2
20.はつめいはっけん ものがたり

このように全てがひらがなの書籍名です。字の読めない幼児から小学生低学年まで読めるように写真が存分に使われています。図書館や幼児教室、学校にも置いてある本でした。
他2セット、合計3セットの大量の本が届き、子どもの本との出会いのように本当に自分から本を持ってきて静かに聴ける子になるんだろうか?とちょっぴり疑う自分が居たりして。


今でも時折開いて見ています。本当は本格的な百科事典を揃えたいのですが、なかなか・・・。
百科事典は私の子どものころに本棚にずらっと飾ってあり、いつしか薄暗い部屋の中で宇宙の本を読み漁っていたものです。
手元にしっかりとした本があるのは「知りたい!」時にはとても役に立ちます。今ではインターネットで調べればかなりの情報が拾えますし、最新の情報も手に入れられますが、やはりというのは知識を吸収したいときには一番だと、私は思っているのです。



←左上にある記事の目次もぜひ見てください♪ 


人気ブログランキングへ
ワンクリックお願いします♪


ペットブログランキングへ
ニャンクリック!お願いします♪


FC2 Blog Ranking
こちらもポチっとお願いします♪

| ホームへ |
性格診断

記事目次


全タイトルを表示
月別アーカイブ

更新履歴

ポチっと^('ワン')^クリック





素材やさん・FC2☆リンク

顔文字をお借りしました
顔文字を動かそう!
テンプレをお借りしました
seo-photo-pink tarikihonganさん
壁紙をお借りしました
LovelyCollection
ボタンをお借りしました
CafePart2
素材やさん
花素材mayflower
てづくり素材館 Crescent Moon
似顔絵などつくれます
ブログパーツステーション
アクセスアップのために
アクセスUP
カスタマイズで参考にさせていただきました
ワンダと巨像と土と空
JUGEMカスタマイズ講座
ヒヨコ君増殖中 恋 FC2版


プロフィール

桜乃

Author:桜乃
お役に立てる情報発信?!
そして時には・・・
雄たけびも!

鬼母:桜乃
だんな
一男一女:王子&姫
ペット:
愛猫~ポリリン~

うさぎ~うーたん~
(2006.4.30永眠)

野良猫ちゃん
~ワン~
~ツー~
~スリー~

水中生物:
きんとと&ヌマエビ

甲虫:
かぶと&クワガタ

来て下さってありがとう♪

ブログ☆リンク★(*^▽^*)
素材やさん・FC2☆リンク

顔文字をお借りしました
顔文字を動かそう!
テンプレをお借りしました
seo-photo-pink tarikihonganさん
壁紙をお借りしました
LovelyCollection
ボタンをお借りしました
CafePart2
素材やさん
花素材mayflower
てづくり素材館 Crescent Moon
似顔絵などつくれます
ブログパーツステーション
アクセスアップのために
アクセスUP
カスタマイズで参考にさせていただきました
ワンダと巨像と土と空
JUGEMカスタマイズ講座
ヒヨコ君増殖中 恋 FC2版


ADMINISTRATION
RSSフィード
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。