0605-2.jpg

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



←左上にある記事の目次もぜひ見てください♪ 


人気ブログランキングへ
ワンクリックお願いします♪


ペットブログランキングへ
ニャンクリック!お願いします♪


FC2 Blog Ranking
こちらもポチっとお願いします♪

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ポリリンからの贈り物 その1

2010.01.22(09:50)
1/18今朝のポリリンはいつもと違っていた。

目が覚めるといつもと同じに水を飲み、いつもと同じように前の晩に残したご飯に食らいつく。

うん、いつもと同じ朝を迎えている。

のはずだった。

私も目が覚めたらいつもの日課である用を足しに行く。

ドアを開ける。ひんやりとした空間に身体が包まれる。

寒さを感じながら頭の中で早くに用を足してしまいたいと思っている。

トイレとの隔たりのドアを向こう側に押す。隙間があく。

その瞬間、ポリリンが勢いよく一緒にいた部屋を駆け出していった。

変わらないひと時。一晩で容器一杯に溜まった汚物を搾り出す。

暖まっている部屋に戻る。変わらないポリリン。一緒に部屋の中へ我が先と言わんばかりに入ってきた。

エプロンをし、ラジオのNHK放送をつける。

その短い間にポリリンは何度もこちらの部屋とふすまでしきられている隣の和室との間を頭を低めに体勢をとりながら駆け回っている。

食事の支度にとりかかる。洗濯物をまとめて洗濯機に放りこむ。

普段は声を聞くことができないポリリンがメスのような可愛らしく細い声で鳴く。

「ここを開けてよ」

そこは先ほど用を足しに出た扉。そのドアの前でポリリンは鳴いている。

いつもどおりにすぐに戻ってくるだろうと思ってドアを開けた。

またもやポリリンは猛ダッシュでとびだしていく。

「ポリリン?早く戻っておいで」と声をかけてもその気配はない。

上階に遊びに行っているようだ。朝食の支度もある。しょうがない、扉をしめた。

しばらくするとそのドアを押してくる音がする。

いつも他の部屋からこの部屋、居間へ戻ってくるときのポリリンの合図だ。

ダイニングテープルを拭いていた私はポリリンを迎えに行く。

また、隙間が開いた瞬間に頭をねじ入れて素早く部屋の中へ入ろうとしている。

いつもと違うポリリン……。

フライパンをガス台に置き、豚肉を白いトレーからまな板へ移そうとしているときも

部屋を横断、コタツの上もひとっとび。西から東へ。東から西へ……。

ずいぶんと早くから運動するものだ、今日の天気は心配ないようだと思っているところ、またもや、あのドアの前で私をよぶ声がする。

豚肉を炒めた次にもやしをフライパンに入れる手を休めた。そのドアに向かっていく私だ。

わかっている、わかっている。くそ忙しいこの朝に何度も私を呼ぶ声に

私が対応しなければいいこと。わかっている。

だが、ポリリンの可愛らしく細い声で

「ママ、ママ」

と呼ばれると、中年と胸をはって言えるこの歳でも心も顔もくにゃくにゃにさせながらその声のする方へ導かれてしまうのだ。あまい、ポリリンにあますぎる。

だが、今日のポリリンはなにやらいつもと違っている。

このまま台所仕事を中断しながらポリリンの欲望に付き合っていられない。

隣の和室のもう一つのふすまは玄関へ続くふすまだ。そちら側のふすまをポリリンが通れる隙間を開けてやった。

普段仕事に行くときには居間と上階と行き来を自由にできるよう、そうしている。

キッチンに取り付けてある洗濯機をセットする。

ご飯ももう少しで炊けるようだ。味噌汁はあと味噌をとかすだけ。

子どもたちをたたき起こすことを残すのみとなった。

ポリリンはやはり上階とこの居間をストップ&ダッシュを繰り返している。

落ち着かないようだ。そういえば家猫は狩猟本能が働いて

突如家の中を走り回る行動にでることがあるようだと、何かの本で読んだ。

そうか、もしかしたらポリリンは狩に行っているつもりなのかもしれない。

のそのそと起きてきた子どもたち。

中学生の王子は小学生の姫より一足先に居間へやってきた。

また姫は眠気まなこ……と思いきや、はっきりと意識は浮上しているらしい。

ダイニングテーブルの席へつこうとした姫。

そこへなにかを銜えたポリリンがこちらへ走ってきた。

何かを銜えている。いつもと違って、口元には、なにやらふわふわしたものが見える。

私ははっとした。

いつもと違うポリリンなのに、いつものポリリン用のご飯置き場にいた私の足元に、そのふわふわしたものを

ポト

っと 落としていった。

いや、

置いていった。

それを見ていた姫は

「お母さん!食べるまね、食べる真似!」

とひそひそ声にパンチを効かせながら私に忠告する。

……

ポリリンは私の顔を上目線で見ながら、いつものご飯のお皿に近寄っていく。

目がテンになっていた私はすぐさま床まで目線を下げ、

「わぁ~美味しい!ポリリン、ありがとうね、ムシャムシャ、美味しいね!」

とそのふわふわしたものを手にとって、自分の口元へ運んでいく。

ポリリンは

「いや、どうってことないって!」

と言いたげな、ちょっと照れてるような、

でも自慢に満ちたくりくりまなこでアイコンタクトをとったかと思うと

次の瞬間には自分のご飯をモリモリと食べていた。




姫はつぶやいた。

「えーーー、本当にねずみかと思ったぁ。」




私は遠目で見ても運んでくるその物体がなんなのかわかっていたが、

ポリリンからのはじめての贈り物だ。

ポリリンが狩に行ってとってきてくれた大事な獲物だ。

ポリリンからの初めての贈り物、大事にしたい。












ごきぶりじゃなくて……よかったよ







ポリリンからの贈り物これ、なんだと思います?











ポリリンからの贈り物んじゃ、こんな感じでズーム~♪











ポリリンからの贈り物てか、これっ、ワタ!わた、綿~^m^。ポト、っと落としていったものは、この脱脂綿!










hime.jpgそしてこのときの様子を現した、姫のメモ。
















ポリリン いいって!だから、いいんだニャンって♪















関連記事



←左上にある記事の目次もぜひ見てください♪ 


人気ブログランキングへ
ワンクリックお願いします♪


ペットブログランキングへ
ニャンクリック!お願いします♪


FC2 Blog Ranking
こちらもポチっとお願いします♪

テーマ:ねこ大好き ジャンル:ペット

<<今日は3種類♪ | ホームへ | オーブンミトンのスポンジケーキ>>

コメント










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://sakuranomai.blog46.fc2.com/tb.php/547-af40055c
| ホームへ |
性格診断

記事目次


全タイトルを表示
月別アーカイブ

更新履歴

ポチっと^('ワン')^クリック





素材やさん・FC2☆リンク

顔文字をお借りしました
顔文字を動かそう!
テンプレをお借りしました
seo-photo-pink tarikihonganさん
壁紙をお借りしました
LovelyCollection
ボタンをお借りしました
CafePart2
素材やさん
花素材mayflower
てづくり素材館 Crescent Moon
似顔絵などつくれます
ブログパーツステーション
アクセスアップのために
アクセスUP
カスタマイズで参考にさせていただきました
ワンダと巨像と土と空
JUGEMカスタマイズ講座
ヒヨコ君増殖中 恋 FC2版


プロフィール

桜乃

Author:桜乃
お役に立てる情報発信?!
そして時には・・・
雄たけびも!

鬼母:桜乃
だんな
一男一女:王子&姫
ペット:
愛猫~ポリリン~

うさぎ~うーたん~
(2006.4.30永眠)

野良猫ちゃん
~ワン~
~ツー~
~スリー~

水中生物:
きんとと&ヌマエビ

甲虫:
かぶと&クワガタ

来て下さってありがとう♪

ブログ☆リンク★(*^▽^*)
素材やさん・FC2☆リンク

顔文字をお借りしました
顔文字を動かそう!
テンプレをお借りしました
seo-photo-pink tarikihonganさん
壁紙をお借りしました
LovelyCollection
ボタンをお借りしました
CafePart2
素材やさん
花素材mayflower
てづくり素材館 Crescent Moon
似顔絵などつくれます
ブログパーツステーション
アクセスアップのために
アクセスUP
カスタマイズで参考にさせていただきました
ワンダと巨像と土と空
JUGEMカスタマイズ講座
ヒヨコ君増殖中 恋 FC2版


ADMINISTRATION
RSSフィード
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。